(旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科
(旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科

ホウ_カイ_チク: (旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科|https://q-labo.info/meijo/020_project/000336.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2012-2022

ホウ_カイ_チク

脆くなった建築を再構築することで、人々のつながりを可視化する。この建築は複数の住戸が互いに寄りかかることで構築され、居住者は空間だけでなく倒れかかる壁や突き出した梁、柱、屋根を共有しながら生活する。
建物が崩壊・破損していく中で“増改築”が行われていく。残された木材やトタンを用いてこの建築を更新する。ここに町民も加わることで、町のコミュニティの場となり、ひいてはこの建築が町全体で共有されていく。例えば、下校途中の学生が、人手不足に困っているお爺ちゃんを手伝ったり、残された木材で日曜大工が行われたりと...壊れかけた建築が増改築されることで、町民の意識がリノベーションされていくのではないだろうか。

名称:ホウ_カイ_チク
制作:2012年10月
設計:杉本卓哉
第6回長谷工住まいのデザインコンペ「身近な場所のリノベーション」応募作

| プロジェクト | 13.05.20