(旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科
(旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科

大きな屋根に刻まれる”時”: (旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科|https://q-labo.info/meijo/020_project/000328.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2012-2022

大きな屋根に刻まれる”時”

街には、公園がたくさんある。そこには遊ぶためにつくられた遊具や、座るために用意されたベンチがある。しかし、遊具もベンチも何もない緑の芝の上では、人々は自由に自分の場所をつくる。座ったり、寝転んだり、くり抜いて下に家を作ってしまえば、その家の屋根にだって変身する。この緑の芝には、人々が思い思いににつくった”自分だけの場所”が一瞬一瞬刻まれていく。 これは大きなひとつの屋根に一人ひとりが”自分の好きな時間”を切り取っていく集合住宅である。

名称:大きな屋根に刻まれる”時”
制作:2012年8月
設計:加藤福子
建築新人戦2012 応募作

| プロジェクト , 2012年度 | 13.05.20