(旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科
(旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科

シュリンキング・ニュータウン: (旧)柳沢研究室|名城大学理工学部建築学科|https://q-labo.info/meijo/015_diploma/000318.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2012-2022

シュリンキング・ニュータウン

シュリンキング・ニュータウン:確率的セル・オートマトンを用いた住宅地更新計画の提案
人口減少を続ける高蔵寺 NT は、今後もその傾向を止められないだろう。高齢化もますます進行し、空き家の増加なども容易に想像しうる。 そうした現象に抗うのではなく、むしろ都市再考の契機として縮小を受け入れた街の在り方を考え直していくべきではないだろうか。 しかしながら、かつての建設時のように土地を買い上げ、マスタープランを用いた大規模開発的手法は社会的にも経済的にも現実的ではない。 であるならば、今後起こりうる街の「小さな変化」に対して、「ルール」を決め、 自生的にうまれる小さな秩序をデザインすることで、都市の在り方を描く必要があると考えた。(鈴木智也)

| 卒業設計/論文 , 2012年度 | 13.05.22