究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

淀川堤防下の中庭式曲り屋: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/work/000303.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

淀川堤防下の中庭式曲り屋

KG

住宅, 大阪府枚方市, 2014


※撮影:笹倉洋平

敷地は淀川の堤防沿い、周囲を土手と高架道路と巨大な擁壁に囲われた、もともと砂や砂利等の資材置き場として使われていた土地である。住宅建設後も引き続き、敷地の半分は資材置き場として使われる。計画にあたっての主な条件は、いざという洪水に備えて居室の床を地面から1.5mの高さとすること、ブルドーザーのある資材置き場や周辺道路の騒がしさから生活スペースを守ること、大きな開口部のある開放感のある家とすること等であった。

これらを実現するために、住宅の各部を居室棟・土間棟・水周り棟の3つの高さの異なるブロックに分割した上で、「曲り屋」のように角度をたがえながら連結し、擁壁とあわせて中庭を囲いこむ構成とした。

1階の居室以外の部分は、万が一浸水しても大丈夫なよう土間として、1.5mの段差を吸収するとともに、家の各部と内外を繋ぐ場所としている。高基礎で持ち上げられた居間と土間棟は、基礎工事の残土を利用し嵩上げされた中庭に向かって大きく開き、中庭は低く抑えられた水周り棟によって資材置き場や道路の視線から守られつつ、空に向かって開いている。

model

>> 施行時の様子

名称:淀川堤防下の中庭式曲り屋
所在地:大阪府枚方市

設計:究建築研究室
基本設計協力:名城大学柳沢研究室
構造設計:エス・キューブ・アソシエイツ
施工・プロデュース/IFA住宅設計室(丹田隆幸・樋口真司)
地盤改良杭/三友土質エンジニアリング(神内誠)、基礎/中村建材(中村康之)、構造材プレカット/トリスミ集成材(南暢一)、大工/IFA住宅設計室(坂本顯)、左官/穴見左官(穴見正文)、板金・金属/FGS(藤江誠一)、塗装/平野塗装(平野順一)、クロス/FUJIIクロス工芸(藤井謙雄)、畳/大西畳店(大西規祥)、木製建具/南建具(南俊幸)、金属建具/LIXILトータル販売京阪支店(小林潤一)、水道/日垣水道(松浦弘和)、ガス/米嶋産業(辻井勝彦)、電気/小山電機(宇都功明)、外構/斉藤工務店(斉藤洋一)

建物概要:専用住宅・在来木造2階建
面積:敷地/248.08㎡、建築/68.36㎡、延床/116.89㎡
竣工:2014年3月

主な仕上げ:
外壁:焼杉板、スタッコ吹付、金属サイディング
屋根:カラーガルバリウム鋼板
内壁:杉、ドイツ本漆喰(プラネットウォール)、ビニルクロス
床:積層フローリング(ウォルナット)、無垢フローリング(パイン)+塗装
天井:針葉樹合板、ビニルクロス、ラワン合板、竿縁天井

Tags: | WORKs 仕事 | 14.03.15

MENU

WORKs 仕事

Tags


Movable Type 3.36

apstars

RSS

..