究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

読谷トルネード YOMITAN-Tornado: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/work/000014.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

読谷トルネード YOMITAN-Tornado

aquos

広告用テレビ展示台, 沖縄県中頭郡読谷村, 2004



1 2 3 4 5 6


『読谷トルネード』は、SHARP製大型液晶テレビ"AQUOS"の雑誌広告のために製作された、土のテレビ台である。
コンクリート打ち放しの壁面と極めてシンプルなデザインのAQUOSに対して、土の表情をなるべく素直に見せてやることが第一の狙い。

ロケ地となった沖縄の日差しはあまりに強烈であり、平滑に仕上げれば表情は全て飛んでしまう。またトップライトからの光はほぼ垂直に差し込むため、数ミリの起伏は数十センチの影を落としてしまう。そのような光にあわせてスタディを行いながら、仕上げは全て現場で決定された。材料は京都産の黄土を用い、砂やワラすさの微妙な凹凸が細かい影を落とすように、若干粗めの引きずり仕上げとしている。中央部にはアクセントとしてワイヤブラシ掻き落としによる模様をつけた(「トルネード」という名はこの掻き落としの形から命名)。

この作品は広告写真のための仮設的なものであり、撮影の翌日には解体されてしまったのであるが、土という素材・左官という技術が、いわゆる「モダンデザイン」とどのような関係をもちうるか、一つの例を示していると思う。


名称:読谷トルネード(SHARP液晶テレビ・AQUOSのための展示台)
ロケ地:沖縄県中頭郡読谷村「あまはじのある家」

製作:久住鴻輔(久住左官)
デザイン協力:柳沢究
工期:2004年7月

仕上:コンパネ下地+稲荷山黄土引きずり、一部ワイヤブラシ掻き落とし

広告掲載誌:『家庭画報』2004年10月号、『CASA BRUTUS』2004年10月号、『pen』2004/9/15号、『Esquire』2004/No.11 ほか


Tags: | WORKs 仕事 | 10.01.03

MENU

WORKs 仕事

Tags


Movable Type 3.36

apstars

RSS

..