究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

寄稿・インタビュー Other Articles: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/publication/000005.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

寄稿・インタビュー Other Articles

  • 「古色とエイジング」、『Re : Building maintenance & management』、No.189、2016年1月号、p.40-43、建築保全センター、2016年1月
  • 「建築・都市空間における時間の蓄積」、『西山文庫レター』、No.66、2015年夏号、p.13-14、NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、2015年9月
  • 「フィールドで得た体験と実感を大切に:木の家をつくり、町を歩き、人と会う」:『Architekton+』vol.1、総合資格学院、2014年12月
  • 「みんなを一つにした、あじまの家改修プロジェクト」:『つなぐブック』vol.1、名城大学、2014年11月
  • 「国産材を活用したモデル住宅『エンガワ暮らし』:名城大の学生が、提案から設計までかかわり現場で学ぶ」:建築ジャーナル、No.1214、企業組合建築ジャーナル、2013年7月
  • 「街と融け合う寺院:インドの都市から考える(6)」:『ARCHITECT』2013年10月号、日本建築家協会東海支部、2013年10月
  • 「動物のいる都市空間 :インドの都市から考える(5)」:『ARCHITECT』2013年8月号、日本建築家協会東海支部、2013年8月
  • 「水辺の建築空間ガート :インドの都市から考える(4)」:『ARCHITECT』2013年6月号、日本建築家協会東海支部、2013年6月
  • 「伝統的な中庭式住居での生活 :インドの都市から考える(3)」:『ARCHITECT』2013年4月号、日本建築家協会東海支部、2013年4月
  • 「ヒンドゥー教における住まいの象徴性 :インドの都市から考える(2)」:『ARCHITECT』2013年2月号、日本建築家協会東海支部、2013年2月
  • 「巡還と囲繞の都市構造:インドの都市から考える(1)」:『ARCHITECT』2012年12月号、日本建築家協会東海支部、2012年12月
  • 「京都相対領域」(全6回隔月連載:「緑」「駐車場」「集合住宅」「建売住宅」「辻」「裏」):共著者/魚谷繁礼・池井健、『京都だより』2012年7月号〜2013年6月号、京都府建築士会、2012年7月〜2013年6月  
  • 「時間の蓄積したまち、建築:中部で見つけたい」:建築ジャーナル、2012年6月号、企業組合建築ジャーナル、2012年6月
  • 「京都絶対領域」(全6回隔月連載:「庇」「格子」「路地」「犬矢来」「甍」「表」):共著者/魚谷繁礼・池井健、『京都だより』2011年7月号〜2012年5月号、京都府建築士会、2011年7月〜2012年5月
  • 「ルポ:『立体的設計記録』の時代」・「住宅における建築データベースの可能性」:『建築ジャーナル』No.1166、企業組合建築ジャーナル、2010年4月
  • 『聖なる風景』と『融合寺院』」:『インド通信』第362号、インド文化交流センター、2008年12月
  • 「インドの牛は都市のエアポケット」:『建築ジャーナル』No.1143、企業組合建築ジャーナル、2008年12月
  • 「伝統的左官の技をいかして仮設住宅を!:SAKAN Shell Structure実験中」:『新建築住宅特集』No.257、新建築社、2007年8月
  • 「左官技術を用いた無筋超薄肉シェルによる仮設住宅モデル:SAKAN Shell Structure」:『住宅建築』No.389、建築思潮研究所、2007年8月
  • 「御土居:近世京都の都市境界」:『京都げのむ』No.6、京都CDL、2006年5月
  • 「居住者:境界線上で見る夢」:『京都げのむ』No.6、京都CDL、2006年5月
  • 装飾と住居」:『世界住居誌』、昭和堂、2005年12月
  • 京都ゲノムを探して」:京都新聞、2005年10月24日
  • 「新たな建築探る一団」:朝日新聞(京都版)、2005年10月17日
  • 「インドには牛がいる…」:『KDUi』、No.51、神戸芸術工科大学、2004年
  • 住人十色:空き家超再生」:京都新聞、2004年5月8日
  • 『古材色の再現』から『新しい表現』へ」:『コンフォルト』No.76、建築資料研究社、2004年5月
  • 「『古色仕上げ』を楽しむー素材編・実践編」:『コンフォルト』No.76、建築資料研究社、2004年5月
  • 「ヴァーラナシーのガート」:『アジア都市建築史』、昭和堂、2003年8月
  • 「京都『町家』再生!:町家に暮らす人々」:『週刊宝島』2003.4.2、2003年4月
  • ヴァーラーナシー(インド):死を待つ人の家」:『建築雑誌』No.1500、日本建築学会、2003年2月
  • SINCE 1964:『京都タワー論争』をめぐって」:『京都げのむ』No.2、京都CDL、2002年6月
  • 「あの『問題物件』は現在」:『京都げのむ』No.2、京都CDL、2002年6月
  • 「1948年:池辺陽と住宅No.1」:『HIROBA』200111、大阪府建築士会、2001年11月
  • 「京都断面調査顛末記:四条大行進の巻」:『京都げのむ』No.1、京都CDL、2001年10月

| PUBLICATIONs 公表 | 09.01.05