究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

学術論文・大会論文(審査無) Papers w/o Referee: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/publication/000004.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

学術論文・大会論文(審査無) Papers w/o Referee

  • 菅沼昂志・柳沢究:「学生による施工を活かした改修のデザイン:あじまの家」、日本建築学会建築デザイン発表梗概集2015年G-1分冊、p.344-345、2015年9月
  • 小原亮介・柳沢究・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その2:建築形式と立地形式から見た融合寺院の特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.1209-1210、2015年9月
  • 柳沢究・小原亮介・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その3:居住者へのインタビューに基づく背景と寺院への意識の考察」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.1211-1212、2015年9月
  • 長屋美咲・山本将太・柳沢究・小原亮介:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その4:内部空間および使われ方の特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.1213-1214、2015年9月
  • 溝呂木雄介・柳沢究:「大須商店街における運営形態と建築形式からみた駐車場の分布と特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.367-368、2015年9月
  • 小原亮介・柳沢究:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究:寺院の分布と融合のパターン」、日本建築学会学術講演梗概集2014年F-1分冊、p.989-990、2014年9月
  • 竹内泰・後藤康久・後藤沙紀・柳沢究・魚谷繁礼:「京都の聖祠分布および地蔵の祭礼時における分布変容:京都の都市空間と地蔵 その5」、日本建築学会学術講演梗概集2014年F-1分冊、p.385-386、2014年9月
  • 鈴木智也・柳沢究:「高蔵寺ニュータウンにおける空き地・空き家の利用状況からみた戸建住宅地に関する考察」、日本建築学会学術講演梗概集 2013年F-1分冊、p.485-486、2013年9月
  • 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・後藤沙紀:「京都における1993年と2009年の聖祠の配置変容について:京都の都市空間と地蔵 その4」、日本建築学会学術講演梗概集2013年F-1分冊、p.1199-1200、2013年9月
  • 柳沢究:「重ね描きの改修:紫野の町家改修」、日本建築学会建築デザイン発表梗概集2012年G-1分冊、p.180-181、2012年9月
  • 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・千葉大生:「京都市上京エリアと都心部における地蔵盆の祭礼状況の比較に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その3」、日本建築学会学術講演梗概集2012年F-1分冊、p.447-448、2012年9月
  • 福田千夏・山本直彦・小澤雄樹・柳沢究・平尾和洋:「左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:仮設住宅実大棟の施工と加振・破壊実験」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、B-1分冊 p.1133-1134、2010年9月
  • 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・渡辺光一郎・松原拓也:「京都都心部における地蔵盆の祭礼場所に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その1」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、F-1分冊 p.721-722、2010年9月
  • 竹内泰・後藤康久・柳沢究・魚谷繁礼・渡辺光一郎・松原拓也:「京都都心部における地蔵盆の祭礼場所に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その2」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、F-1分冊 p.723-724、2010年9月
  • 柳沢究:「ヒンドゥー教の聖地から世界の観光地へ:ヴァーラーナシーにおける観光開発とリビングヘリテージの関係からみる「融合寺院」の可能性」、布野修司先生還暦記念論文集(「布野修司先生業績目録」(私家版)所収)、p.225-234、2009年9月
  • 柳沢究、中濱春洋、岡村知明、布野修司:「ヴァーラーナシー(インド)旧市街における住居の平面構成と類型」、日本建築学会学術講演梗概集2008年、F-1分冊 p.185-186、2008年9月
  • 中濱春洋、柳沢究、岡村知明、布野修司:「ヴァーラーナシー(インド)における居住区の比較に関する研究:ヒンドゥー教徒地区とイスラーム教徒地区について」、日本建築学会学術講演梗概集2008年、F-1分冊 p.353-354、2008年9月
  • 中濱春洋、岡村知明、柳沢究、布野修司、山根周:「バリ・バザール地区(インド、ヴァーラーナシー)におけるモハッラの構成に関する研究 その1:モハッラと施設分布」、平成20年度日本建築学会近畿支部研究報告集(講演# 5023、大阪工業技術専門学校、2008年6月22日)
  • 岡村知明、中濱春洋、柳沢究、布野修司、山根周:「バリ・バザール地区(インド、ヴァーラーナシー)におけるモハッラの構成に関する研究 その2:モハッラの住民構成と住居形式」、平成20年度日本建築学会近畿支部研究報告集(講演# 5024、大阪工業技術専門学校、2008年6月22日)
  • 柳沢究:「ヴァーラーナシーの都市空間と寺院・祠・巡礼路」、多民族社会における宗教と文化 no.11、p.39-63、宮城学院女子大学キリスト教文化研究所、2008年3月
  • 石塚祐至、小澤雄樹、山本直彦、柳沢究、平尾和洋、井上真澄:「伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:水平加振実験」、日本建築学会学術講演梗概集2007年、B-1分冊 pp.731-732、講演番号20366、2007年8月
  • 林亮介、山本直彦、小澤雄樹、井上真澄、平尾和洋、柳沢究、石塚祐至:「籾殻混入モルタルの材料性質に関する基礎的研究:左官による薄肉シェル材料として」、日本建築学会学術講演梗概集2007年、A-1分冊 pp. 333-334、講演番号1159、2007年8月
  • 山本直彦、小澤雄樹、平尾和洋、井上真澄、柳沢究、石塚祐至:「左官技術を活用した災害仮設住宅の建設技術開発に関する研究」、歴史都市防災論文集vol.1、2007年6月
  • 齊木崇人、土肥博至、川北健雄、山之内誠、藤本修三、戸矢崎満男、黄 国賓、柳沢究、長野真紀:「東アジアの稲作文化における集落・居住空間と伝統的環境観に関する国際比較:中国貴州省トン族集落における風水観と住居・鼓楼・水系・広場が生み出す空間構成原理」、芸術工学2006、2007年3月
  • Kiwamu Yanagisawa, Shojiro Nagata: "Fundamental Study on Drawing System of Kolam Pattern", Bulletin of the Society for Science on Form, vol.21-2, p.133-134, Proceedings of The International Symposium on Katachi/Form in Folk Art, Osaka, Japan, 2006/11/3
  • 石塚祐至、小澤雄樹、山本直彦、柳沢究、平尾和洋、井上真澄:「伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:シェルの概要と鉛直荷重載荷実験」、日本建築学会学術講演梗概集2006年、B-1分冊 pp.665-666、2006年9月
  • 柳沢究、大辻絢子、布野修司:「マドゥライ(インド)の都市空間構成に関する研究 その1:都市構造の形成過程と基本理念」、日本建築学会学術講演梗概集2003年、F-1分冊 pp.179-180、2003年9月
  • 大辻絢子、柳沢究、布野修司:「マドゥライ(インド)の都市空間構成に関する研究 その2:都市祭礼と空間構成」、日本建築学会学術講演梗概集2003年、F-1分冊 pp.181-182、2003年9月
  • 柳沢究、布野修司、魚谷繁礼:「ヴァラナシ(インド)の都市空間構成に関する研究 その1:都市構造と巡礼路」、日本建築学会学術講演梗概集2001年、F-1分冊 pp.343-344、2001年9月
  • 魚谷繁礼、柳沢究、布野修司:「ヴァラナシ(インド)の都市空間構成に関する研究 その2:コミュニティ空間・モハッラと街区構成、住居」、日本建築学会学術講演梗概集2001年、F-1分冊 pp.345-346、2001年9月
  • 脇田祥尚、布野修司、安藤正雄、平田隆行、柳沢究:「フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 その3:ヴィガンの都市構成」、日本建築学会学術講演梗概集1999年、F-1分冊 pp.281-282、1999年9月
  • 柳沢究、布野修司、安藤正雄、平田隆行、脇田祥尚:「フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 その4:ヴィガンの街区構成」、日本建築学会学術講演梗概集1999年、F-1分冊 pp.283-284、1999年9月

| PUBLICATIONs 公表 | 09.01.04