究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

日本建築学会大会 AIJ Annual Convention: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/publication/000004.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2018

日本建築学会大会 AIJ Annual Convention

  1. 加藤大誠・柳沢究:「名古屋市中心部における仏教寺院建築の近代化に関する研究」、日本建築学会学術講演梗概集:建築計画、pp.365-366、2017年9月
  2. 柳沢究・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その5:形成プロセスの特徴」、日本建築学会学術講演梗概集:建築計画、pp.1057-1058、2017年9月
  3. 山本将太・柳沢究・加藤大誠:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その6:街路空間と街並みへの影響」、日本建築学会学術講演梗概集:建築計画、pp.1059-1060、2017年9月
  4. 高野哲也・柳沢究:「自閉症者の手描き地図からみた空間把握と生活領域 その2:自閉症者と定型発達者の比較」、日本建築学会学術講演梗概集:都市計画、pp.545-546、2017年9月
  5. 諏訪匠・柳沢究:「秋葉原・道頓堀における建築ファサードを覆う広告看板の配置構成の特性」、日本建築学会学術講演梗概集:都市計画、pp.1119-1120、2017年9月
  6. 菅沼昂志・柳沢究・海道清信:「下本町防災ビルの建築的特徴:犬山下本町における防災建築街区の特徴と再生に関する研究 その3」、日本建築学会学術講演梗概集:都市計画、pp.1175-1176、2017年9月
  7. 溝呂木雄介・柳沢究:「大学による歴史的町家の活用に関する研究」、日本建築学会学術講演梗概集、pp.163-164、2016年8月
  8. 加藤大誠・柳沢究:「熱田神宮周辺の街路形態の歴史的変遷」、日本建築学会学術講演梗概集、pp.151-152、2016年8月
  9. 川端一輝・菅沼昂志・柳沢究:「犬山市「下本町防災ビル」建設時の概要と現況:犬山下本町における防災建築街区の特徴と再生に関する研究 その1」、日本建築学会学術講演梗概集、pp.169-170、2016年8月
  10. 菅沼昂志・川端一輝・柳沢究:「犬山下本町における地割の変遷と下本町防災ビルの建設:犬山下本町における防災建築街区の特徴と再生に関する研究 その2」、日本建築学会学術講演梗概集、pp.171-172、2016年8月
  11. 高野哲也・柳沢究:「自閉症者の手描き地図からみた空間把握と生活領域」、日本建築学会学術講演梗概集、pp.377-378、2016年8月
  12. 諏訪匠・柳沢究:「秋葉原・道頓堀における商業建築のファサードを覆う看板の形態的特徴とその類型化」、日本建築学会学術講演梗概集、pp.1061-1062、2016年8月
  13. 菅沼昂志・柳沢究:「学生による施工を活かした改修のデザイン:あじまの家」、日本建築学会建築デザイン発表梗概集2015年G-1分冊、pp.344-345、2015年9月
  14. 小原亮介・柳沢究・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その2:建築形式と立地形式から見た融合寺院の特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、pp.1209-1210、2015年9月
  15. 柳沢究・小原亮介・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その3:居住者へのインタビューに基づく背景と寺院への意識の考察」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、pp.1211-1212、2015年9月
  16. 長屋美咲・山本将太・柳沢究・小原亮介:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その4:内部空間および使われ方の特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、pp.1213-1214、2015年9月
  17. 溝呂木雄介・柳沢究:「大須商店街における運営形態と建築形式からみた駐車場の分布と特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、pp.367-368、2015年9月
  18. 小原亮介・柳沢究:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究:寺院の分布と融合のパターン」、日本建築学会学術講演梗概集2014年F-1分冊、pp.989-990、2014年9月
  19. 竹内泰・後藤康久・後藤沙紀・柳沢究・魚谷繁礼:「京都の聖祠分布および地蔵の祭礼時における分布変容:京都の都市空間と地蔵 その5」、日本建築学会学術講演梗概集2014年F-1分冊、pp.385-386、2014年9月
  20. 鈴木智也・柳沢究:「高蔵寺ニュータウンにおける空き地・空き家の利用状況からみた戸建住宅地に関する考察」、日本建築学会学術講演梗概集 2013年F-1分冊、pp.485-486、2013年9月
  21. 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・後藤沙紀:「京都における1993年と2009年の聖祠の配置変容について:京都の都市空間と地蔵 その4」、日本建築学会学術講演梗概集2013年F-1分冊、pp.1199-1200、2013年9月
  22. 柳沢究:「重ね描きの改修:紫野の町家改修」、日本建築学会建築デザイン発表梗概集2012年G-1分冊、pp.180-181、2012年9月
  23. 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・千葉大生:「京都市上京エリアと都心部における地蔵盆の祭礼状況の比較に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その3」、日本建築学会学術講演梗概集2012年F-1分冊、pp.447-448、2012年9月
  24. 福田千夏・山本直彦・小澤雄樹・柳沢究・平尾和洋:「左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:仮設住宅実大棟の施工と加振・破壊実験」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、B-1分冊 p.1133-1134、2010年9月
  25. 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・渡辺光一郎・松原拓也:「京都都心部における地蔵盆の祭礼場所に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その1」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、F-1分冊 p.721-722、2010年9月
  26. 竹内泰・後藤康久・柳沢究・魚谷繁礼・渡辺光一郎・松原拓也:「京都都心部における地蔵盆の祭礼場所に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その2」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、F-1分冊 p.723-724、2010年9月
  27. 柳沢究、中濱春洋、岡村知明、布野修司:「ヴァーラーナシー(インド)旧市街における住居の平面構成と類型」、日本建築学会学術講演梗概集2008年、F-1分冊 p.185-186、2008年9月
  28. 中濱春洋、柳沢究、岡村知明、布野修司:「ヴァーラーナシー(インド)における居住区の比較に関する研究:ヒンドゥー教徒地区とイスラーム教徒地区について」、日本建築学会学術講演梗概集2008年、F-1分冊 p.353-354、2008年9月
  29. 石塚祐至、小澤雄樹、山本直彦、柳沢究、平尾和洋、井上真澄:「伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:水平加振実験」、日本建築学会学術講演梗概集2007年、B-1分冊 pp.731-732、講演番号20366、2007年8月
  30. 林亮介、山本直彦、小澤雄樹、井上真澄、平尾和洋、柳沢究、石塚祐至:「籾殻混入モルタルの材料性質に関する基礎的研究:左官による薄肉シェル材料として」、日本建築学会学術講演梗概集2007年、A-1分冊 pp. 333-334、講演番号1159、2007年8月
  31. 山本直彦、小澤雄樹、平尾和洋、井上真澄、柳沢究、石塚祐至:「左官技術を活用した災害仮設住宅の建設技術開発に関する研究」、歴史都市防災論文集vol.1、2007年6月
  32. 石塚祐至、小澤雄樹、山本直彦、柳沢究、平尾和洋、井上真澄:「伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:シェルの概要と鉛直荷重載荷実験」、日本建築学会学術講演梗概集2006年、B-1分冊 pp.665-666、2006年9月
  33. 柳沢究、大辻絢子、布野修司:「マドゥライ(インド)の都市空間構成に関する研究 その1:都市構造の形成過程と基本理念」、日本建築学会学術講演梗概集2003年、F-1分冊 pp.179-180、2003年9月
  34. 大辻絢子、柳沢究、布野修司:「マドゥライ(インド)の都市空間構成に関する研究 その2:都市祭礼と空間構成」、日本建築学会学術講演梗概集2003年、F-1分冊 pp.181-182、2003年9月
  35. 柳沢究、布野修司、魚谷繁礼:「ヴァラナシ(インド)の都市空間構成に関する研究 その1:都市構造と巡礼路」、日本建築学会学術講演梗概集2001年、F-1分冊 pp.343-344、2001年9月
  36. 魚谷繁礼、柳沢究、布野修司:「ヴァラナシ(インド)の都市空間構成に関する研究 その2:コミュニティ空間・モハッラと街区構成、住居」、日本建築学会学術講演梗概集2001年、F-1分冊 pp.345-346、2001年9月
  37. 脇田祥尚、布野修司、安藤正雄、平田隆行、柳沢究:「フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 その3:ヴィガンの都市構成」、日本建築学会学術講演梗概集1999年、F-1分冊 pp.281-282、1999年9月
  38. 柳沢究、布野修司、安藤正雄、平田隆行、脇田祥尚:「フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 その4:ヴィガンの街区構成」、日本建築学会学術講演梗概集1999年、F-1分冊 pp.283-284、1999年9月

| PUBLICATIONs 公表 | 17.01.04