究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

PUBLICATIONs 公表: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/publication/
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

作品掲載 Works

| PUBLICATIONs 公表 | 15.08.16

著書 Books

| PUBLICATIONs 公表 | 14.12.25

寄稿・インタビュー Other Articles

  • 「古色とエイジング」、『Re : Building maintenance & management』、No.189、2016年1月号、p.40-43、建築保全センター、2016年1月
  • 「建築・都市空間における時間の蓄積」、『西山文庫レター』、No.66、2015年夏号、p.13-14、NPO法人西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、2015年9月
  • 「フィールドで得た体験と実感を大切に:木の家をつくり、町を歩き、人と会う」:『Architekton+』vol.1、総合資格学院、2014年12月
  • 「みんなを一つにした、あじまの家改修プロジェクト」:『つなぐブック』vol.1、名城大学、2014年11月
  • 「国産材を活用したモデル住宅『エンガワ暮らし』:名城大の学生が、提案から設計までかかわり現場で学ぶ」:建築ジャーナル、No.1214、企業組合建築ジャーナル、2013年7月
  • 「街と融け合う寺院:インドの都市から考える(6)」:『ARCHITECT』2013年10月号、日本建築家協会東海支部、2013年10月
  • 「動物のいる都市空間 :インドの都市から考える(5)」:『ARCHITECT』2013年8月号、日本建築家協会東海支部、2013年8月
  • 「水辺の建築空間ガート :インドの都市から考える(4)」:『ARCHITECT』2013年6月号、日本建築家協会東海支部、2013年6月
  • 「伝統的な中庭式住居での生活 :インドの都市から考える(3)」:『ARCHITECT』2013年4月号、日本建築家協会東海支部、2013年4月
  • 「ヒンドゥー教における住まいの象徴性 :インドの都市から考える(2)」:『ARCHITECT』2013年2月号、日本建築家協会東海支部、2013年2月
  • 「巡還と囲繞の都市構造:インドの都市から考える(1)」:『ARCHITECT』2012年12月号、日本建築家協会東海支部、2012年12月
  • 「京都相対領域」(全6回隔月連載:「緑」「駐車場」「集合住宅」「建売住宅」「辻」「裏」):共著者/魚谷繁礼・池井健、『京都だより』2012年7月号〜2013年6月号、京都府建築士会、2012年7月〜2013年6月  
  • 「時間の蓄積したまち、建築:中部で見つけたい」:建築ジャーナル、2012年6月号、企業組合建築ジャーナル、2012年6月
  • 「京都絶対領域」(全6回隔月連載:「庇」「格子」「路地」「犬矢来」「甍」「表」):共著者/魚谷繁礼・池井健、『京都だより』2011年7月号〜2012年5月号、京都府建築士会、2011年7月〜2012年5月
  • 「ルポ:『立体的設計記録』の時代」・「住宅における建築データベースの可能性」:『建築ジャーナル』No.1166、企業組合建築ジャーナル、2010年4月
  • 『聖なる風景』と『融合寺院』」:『インド通信』第362号、インド文化交流センター、2008年12月
  • 「インドの牛は都市のエアポケット」:『建築ジャーナル』No.1143、企業組合建築ジャーナル、2008年12月
  • 「伝統的左官の技をいかして仮設住宅を!:SAKAN Shell Structure実験中」:『新建築住宅特集』No.257、新建築社、2007年8月
  • 「左官技術を用いた無筋超薄肉シェルによる仮設住宅モデル:SAKAN Shell Structure」:『住宅建築』No.389、建築思潮研究所、2007年8月
  • 「御土居:近世京都の都市境界」:『京都げのむ』No.6、京都CDL、2006年5月
  • 「居住者:境界線上で見る夢」:『京都げのむ』No.6、京都CDL、2006年5月
  • 装飾と住居」:『世界住居誌』、昭和堂、2005年12月
  • 京都ゲノムを探して」:京都新聞、2005年10月24日
  • 「新たな建築探る一団」:朝日新聞(京都版)、2005年10月17日
  • 「インドには牛がいる…」:『KDUi』、No.51、神戸芸術工科大学、2004年
  • 住人十色:空き家超再生」:京都新聞、2004年5月8日
  • 『古材色の再現』から『新しい表現』へ」:『コンフォルト』No.76、建築資料研究社、2004年5月
  • 「『古色仕上げ』を楽しむー素材編・実践編」:『コンフォルト』No.76、建築資料研究社、2004年5月
  • 「ヴァーラナシーのガート」:『アジア都市建築史』、昭和堂、2003年8月
  • 「京都『町家』再生!:町家に暮らす人々」:『週刊宝島』2003.4.2、2003年4月
  • ヴァーラーナシー(インド):死を待つ人の家」:『建築雑誌』No.1500、日本建築学会、2003年2月
  • SINCE 1964:『京都タワー論争』をめぐって」:『京都げのむ』No.2、京都CDL、2002年6月
  • 「あの『問題物件』は現在」:『京都げのむ』No.2、京都CDL、2002年6月
  • 「1948年:池辺陽と住宅No.1」:『HIROBA』200111、大阪府建築士会、2001年11月
  • 「京都断面調査顛末記:四条大行進の巻」:『京都げのむ』No.1、京都CDL、2001年10月

| PUBLICATIONs 公表 | 09.01.05

学術論文(審査付) Papers w/ Referee

主筆 First author

  • 柳沢究:「Varanasi, Banaras, Benaresと呼ばれる都市の名称のカナ表記:Google検索を用いた表記バリエーションの実態調査」、形の文化研究 Vol.5、p.39-44、2009年9月
  • 柳沢究、布野修司:「ヴァーラーナシー(ウッタル・プラデーシュ州、インド)におけるモハッラの空間構成」、日本建築学会計画系論文集第623号、pp.153-160、2008年1月
    Yanagisawa Kiwamu, Funo Shuji: "Spatial Formation of Mohalla in Varanasi City (Uttar Pradesh, India)", Journal of architecture and planning, Vol.73, No.623, pp.153-160, 2008
  • Yanagisawa Kiwamu, Nagata Shojiro: "Fundamental Study on Design System of Kolam Pattern", Forma, Vol. 22 (No.1), pp.31-46, Society for Science on Form, 2007
  • 柳沢究、大辻絢子、布野修司:「マドゥライ(タミル・ナードゥ州、インド)の都市形成と住み分けの構造」、日本建築学会計画系論文集第605号、pp.93-99、2006年7月
    Yanagisawa Kiwamu, Otsuji Ayako, Shuji Funo: "Considerations on Spatial Formation and Segregation of Caste Groups in Madurai (Tamil Nadu, India)", Journal of architecture and planning, No.605, pp.93-99, 2006
  • 柳沢究、布野修司:「ヴァーラーナシー(ウッタル・プラデーシュ州、インド)の都市空間形成と巡礼路および寺院・祠との関係」、日本建築学会計画系論文集第583号、pp.75-82、2004年9月
    Yanagisawa Kiwamu, Shuji Funo: "Relationship between Spatial Formation of Varanasi City (Uttar Pradesh, India) and Pilgrimage Routes, Temples and Shrines", Journal of architecture and planning, No.583, pp.75-82, 2004
  • Yanagisawa Kiwamu, Shuji Funo: "Spatial Formation of Varanasi, India - An Analysis of the Urban Structure, Pilgrimage Roads, Mohalla as Community, Composition of Block and Houses", Proceedings of the 4th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, pp.216-221, Sep.17-19, 2002, Chongqing, China

その他 Second author, etc

  • Yasushi Takeuchi, Kiwamu Yanagisawa, Shigenori Uoya, Yasuhisa Goto, Koichiro Watanabe, Takuya Matsubara: "Considerations on the Site of Zizou at the Zizou-bon Festival in Kyoto", Proceedings of the 8th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, Nov. 9-12, 2010, Kitakyushu, Japan
  • 小澤雄樹・柳沢究・山本直彦・森田一弥・福田千夏・平尾和洋:「左官技術を利用したシェル構造ユニットによる災害仮設住宅の建設技術開発 : 実大棟建設と倒壊実験」、日本建築学会技術報告集、Vol.17, No.35、p.11-16、2011年7月
  • 小澤雄樹・山本直彦・柳沢究・森田一弥・石塚祐至・平尾和洋:「左官技術を利用したシェル構造ユニットによる災害仮設住宅の建設技術開発 : 概要と縮小モデルによる実験」、日本建築学会技術報告集、Vol.14, No.27、p.7-12、2008年6月
  • 山本直彦、小澤雄樹、柳沢究、牧紀男、森田一弥、山田協太:「伝統技術を活用した災害仮設住宅の建設技術開発に関する研究:左官技術を用いた自助建設型シェル構造ユニット」、住宅総合研究財団研究論文集No.33(課題番号No.536)、p.393-404、2007年3月
    Yamamoto Naohiko, Ozawa Yuki, Yanagisawa Kiwamu, Maki Norio, Morita Kazuya, Yamada Kyota, "A study on development of construction technique for temporary housing after a disaster by making use of traditional skill: shell structural unit for self-aid construction built with plastering skill", Journal of Housing Research Foundation, No.33, pp.393-404, 2006
  • Kiyoko Yamaguchi, Shuji Funo, Yanagisawa Kiwamu: "Historical Poblacines and Preservation Movement in Cebu, Philippines", Proceedings of the 5th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, pp.106-109, June 1-4, 2004, Matsue, Japan
  • Ayako Otsuji, Yanagisawa Kiwamu, Shuji Funo: "Spatial Formation of Madurai, India - Compared with Rajdhani Plan", Proceedings of the 5th International Symposium on Architectural Interchange in Asia, pp.333-336, June 1-4, 2004, Matsue, Japan
  • 山口潔子、布野修司、安藤正雄、脇田祥尚、柳沢究:「ヴィガン(イロコス、フィリピン)の街区構成に関する考察」、日本建築学会計画系論文集第553号、pp.209-215、2002年3月
    Yamaguchi Kiyoko, Funo Shuji, Ando Masao, Wakita Yoshihisa, Yanagisawa Kiwamu, "Block Formation in Vigan, Ilocos, The Philippines", Journal of architecture and planning, No.553, pp.209-215, 2002

学位論文 Doctoral Thesis

  • 「インドの伝統的都市における都市構造の形成と居住空間の変容に関する研究 : ヴァーラーナシーとマドゥライを事例として」、博士学位請求論文、京都大学、2008年3月学位授与

| PUBLICATIONs 公表 | 09.01.04

学術論文・大会論文(審査無) Papers w/o Referee

  • 菅沼昂志・柳沢究:「学生による施工を活かした改修のデザイン:あじまの家」、日本建築学会建築デザイン発表梗概集2015年G-1分冊、p.344-345、2015年9月
  • 小原亮介・柳沢究・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その2:建築形式と立地形式から見た融合寺院の特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.1209-1210、2015年9月
  • 柳沢究・小原亮介・山本将太:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その3:居住者へのインタビューに基づく背景と寺院への意識の考察」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.1211-1212、2015年9月
  • 長屋美咲・山本将太・柳沢究・小原亮介:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究 その4:内部空間および使われ方の特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.1213-1214、2015年9月
  • 溝呂木雄介・柳沢究:「大須商店街における運営形態と建築形式からみた駐車場の分布と特徴」、日本建築学会学術講演梗概集2015年F-1分冊、p.367-368、2015年9月
  • 小原亮介・柳沢究:「ヴァーラーナシー(インド)における既存寺院を核とした増築現象に関する研究:寺院の分布と融合のパターン」、日本建築学会学術講演梗概集2014年F-1分冊、p.989-990、2014年9月
  • 竹内泰・後藤康久・後藤沙紀・柳沢究・魚谷繁礼:「京都の聖祠分布および地蔵の祭礼時における分布変容:京都の都市空間と地蔵 その5」、日本建築学会学術講演梗概集2014年F-1分冊、p.385-386、2014年9月
  • 鈴木智也・柳沢究:「高蔵寺ニュータウンにおける空き地・空き家の利用状況からみた戸建住宅地に関する考察」、日本建築学会学術講演梗概集 2013年F-1分冊、p.485-486、2013年9月
  • 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・後藤沙紀:「京都における1993年と2009年の聖祠の配置変容について:京都の都市空間と地蔵 その4」、日本建築学会学術講演梗概集2013年F-1分冊、p.1199-1200、2013年9月
  • 柳沢究:「重ね描きの改修:紫野の町家改修」、日本建築学会建築デザイン発表梗概集2012年G-1分冊、p.180-181、2012年9月
  • 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・千葉大生:「京都市上京エリアと都心部における地蔵盆の祭礼状況の比較に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その3」、日本建築学会学術講演梗概集2012年F-1分冊、p.447-448、2012年9月
  • 福田千夏・山本直彦・小澤雄樹・柳沢究・平尾和洋:「左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:仮設住宅実大棟の施工と加振・破壊実験」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、B-1分冊 p.1133-1134、2010年9月
  • 後藤康久・竹内泰・柳沢究・魚谷繁礼・渡辺光一郎・松原拓也:「京都都心部における地蔵盆の祭礼場所に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その1」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、F-1分冊 p.721-722、2010年9月
  • 竹内泰・後藤康久・柳沢究・魚谷繁礼・渡辺光一郎・松原拓也:「京都都心部における地蔵盆の祭礼場所に関する考察:京都の都市空間と地蔵 その2」、日本建築学会学術講演梗概集2010年、F-1分冊 p.723-724、2010年9月
  • 柳沢究:「ヒンドゥー教の聖地から世界の観光地へ:ヴァーラーナシーにおける観光開発とリビングヘリテージの関係からみる「融合寺院」の可能性」、布野修司先生還暦記念論文集(「布野修司先生業績目録」(私家版)所収)、p.225-234、2009年9月
  • 柳沢究、中濱春洋、岡村知明、布野修司:「ヴァーラーナシー(インド)旧市街における住居の平面構成と類型」、日本建築学会学術講演梗概集2008年、F-1分冊 p.185-186、2008年9月
  • 中濱春洋、柳沢究、岡村知明、布野修司:「ヴァーラーナシー(インド)における居住区の比較に関する研究:ヒンドゥー教徒地区とイスラーム教徒地区について」、日本建築学会学術講演梗概集2008年、F-1分冊 p.353-354、2008年9月
  • 中濱春洋、岡村知明、柳沢究、布野修司、山根周:「バリ・バザール地区(インド、ヴァーラーナシー)におけるモハッラの構成に関する研究 その1:モハッラと施設分布」、平成20年度日本建築学会近畿支部研究報告集(講演# 5023、大阪工業技術専門学校、2008年6月22日)
  • 岡村知明、中濱春洋、柳沢究、布野修司、山根周:「バリ・バザール地区(インド、ヴァーラーナシー)におけるモハッラの構成に関する研究 その2:モハッラの住民構成と住居形式」、平成20年度日本建築学会近畿支部研究報告集(講演# 5024、大阪工業技術専門学校、2008年6月22日)
  • 柳沢究:「ヴァーラーナシーの都市空間と寺院・祠・巡礼路」、多民族社会における宗教と文化 no.11、p.39-63、宮城学院女子大学キリスト教文化研究所、2008年3月
  • 石塚祐至、小澤雄樹、山本直彦、柳沢究、平尾和洋、井上真澄:「伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:水平加振実験」、日本建築学会学術講演梗概集2007年、B-1分冊 pp.731-732、講演番号20366、2007年8月
  • 林亮介、山本直彦、小澤雄樹、井上真澄、平尾和洋、柳沢究、石塚祐至:「籾殻混入モルタルの材料性質に関する基礎的研究:左官による薄肉シェル材料として」、日本建築学会学術講演梗概集2007年、A-1分冊 pp. 333-334、講演番号1159、2007年8月
  • 山本直彦、小澤雄樹、平尾和洋、井上真澄、柳沢究、石塚祐至:「左官技術を活用した災害仮設住宅の建設技術開発に関する研究」、歴史都市防災論文集vol.1、2007年6月
  • 齊木崇人、土肥博至、川北健雄、山之内誠、藤本修三、戸矢崎満男、黄 国賓、柳沢究、長野真紀:「東アジアの稲作文化における集落・居住空間と伝統的環境観に関する国際比較:中国貴州省トン族集落における風水観と住居・鼓楼・水系・広場が生み出す空間構成原理」、芸術工学2006、2007年3月
  • Kiwamu Yanagisawa, Shojiro Nagata: "Fundamental Study on Drawing System of Kolam Pattern", Bulletin of the Society for Science on Form, vol.21-2, p.133-134, Proceedings of The International Symposium on Katachi/Form in Folk Art, Osaka, Japan, 2006/11/3
  • 石塚祐至、小澤雄樹、山本直彦、柳沢究、平尾和洋、井上真澄:「伝統的左官技術を用いた薄肉楕円体シェル構造の開発:シェルの概要と鉛直荷重載荷実験」、日本建築学会学術講演梗概集2006年、B-1分冊 pp.665-666、2006年9月
  • 柳沢究、大辻絢子、布野修司:「マドゥライ(インド)の都市空間構成に関する研究 その1:都市構造の形成過程と基本理念」、日本建築学会学術講演梗概集2003年、F-1分冊 pp.179-180、2003年9月
  • 大辻絢子、柳沢究、布野修司:「マドゥライ(インド)の都市空間構成に関する研究 その2:都市祭礼と空間構成」、日本建築学会学術講演梗概集2003年、F-1分冊 pp.181-182、2003年9月
  • 柳沢究、布野修司、魚谷繁礼:「ヴァラナシ(インド)の都市空間構成に関する研究 その1:都市構造と巡礼路」、日本建築学会学術講演梗概集2001年、F-1分冊 pp.343-344、2001年9月
  • 魚谷繁礼、柳沢究、布野修司:「ヴァラナシ(インド)の都市空間構成に関する研究 その2:コミュニティ空間・モハッラと街区構成、住居」、日本建築学会学術講演梗概集2001年、F-1分冊 pp.345-346、2001年9月
  • 脇田祥尚、布野修司、安藤正雄、平田隆行、柳沢究:「フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 その3:ヴィガンの都市構成」、日本建築学会学術講演梗概集1999年、F-1分冊 pp.281-282、1999年9月
  • 柳沢究、布野修司、安藤正雄、平田隆行、脇田祥尚:「フィリピンにおけるスペイン統治期の都市計画 その4:ヴィガンの街区構成」、日本建築学会学術講演梗概集1999年、F-1分冊 pp.283-284、1999年9月

| PUBLICATIONs 公表 | 09.01.04

講演・発表・その他 Presentations and others

  • 瀬口哲夫・石田芳弘・長谷川良夫・柳沢究・中村達司:「パネルディスカッション:持続可能なまちづくり」、犬山まちなみ彩発見、愛知建築士会まちづくり委員会、犬山市福祉会館、2015年10月17日
  • 柳沢究:「有松の町並みの今昔」、名古屋発を応援しよう「有松を知る」トーク、無印良品、無印良品名古屋名鉄百貨店、2015年10月10日・11日
  • 柳沢究:「ヴァーラーナシー(インド)の融合寺院に関する研究」、国立民族学博物館共同研究会、東北大学、仙台、2015年6月1日
  • 柳沢究:「加子母木匠塾のち…」、木匠塾シンポジウム「加子母と木匠:木と地域と生きる」講演、加子母明治座、中津川市、2013年8月23日
  • 通崎睦美・新関忠・深井祐介・柳沢究・髙田光雄:「パネルディスカッション:いえづくりって面白い!住まい手と作り手のクロストーク」、平成の京町家シンポジウム「これからの京都の住まいを考える~エコな住まいに楽しく住まう~」、京都私学会館、京都、2012年3月25日
  • 島田陽・柳沢究:「全国合同卒業設計展:卒、11」ゲスト講評、神戸アートビレッジセンター、神戸、2011年6月11日
  • 麻谷宏・久保田毅楽・柳沢究:「アーティストトーク 社会とアートどう繋ぐ?:『妙音vol.2』立体作家×15に寄せて」、カフェビブリオテイックハロー!、京都、2011年10月7日
  • Kiwamu Yanagisawa: "Fusion Temple in a Holy City, India/インドの『融合寺院』の可能性", Pecha Kucha Night Kyoto: vol.2/ペチャクチャナイト京都 vol.2、UrBANGUILD、京都、2011年1月16日
  • 柳沢究:「変化を許容する巡礼都市の新たな展開:インド・ヴァーラーナシー」 、イブニングレクチャー京都「生きている文化遺産と観光」、MEDHIASHOP、2010年10月9日
  • Kiwamu Yanagisawa: "Conservation and Tourism of Historic Towns: in Case of Varanasi, INDIA", 平成22年度JICA国際研修「歴史都市の保全・防災と文化観光への活用」レクチャー、大阪国際センター、2010年9月6日
  • 柳沢究:「ヴァーラーナシー旧市街における『融合寺院』に関する基礎的研究」、第1回芸術工学研究所研究発表会、芸術工学研究所、神戸芸術工科大学、2008年12月15日
  • 柳沢究:「変容する聖地の都市空間:ヴァーラーナシー」、第76回アジア都市建築研究会、滋賀県立大学、彦根、2008年6月27日
  • 柳沢究:「ヴァーラーナシーの都市空間と寺院・祠・巡礼路」、宮城学院女子大学キリスト教文化研究所公開研究会、仙台、2007年7月21日
  • 柳沢究:「モハッラと都市空間」、国立民族学博物館共同研究会、大阪、2007年3月12日
  • 柳沢究、渡辺菊眞:「『京都げのむ』〜都市にも生き物みたいに遺伝子があるんじゃないかと思って、だったらそれを見つけて育ててみよう、そんな僕らの気持ち」、けんちくの手帖〜architects' BAR「けんちく本つくりたい人集まれ」vol.7、大阪、2006年4月22日
  • 甲斐扶佐義・応地利明・竹山聖・柳沢究:「パネルディスカッション:京都遺伝子の行方─進化か変異か。あるいは」、京都CDL自律・京都げのむ5号刊行記念・京都フロンティアシンポジウム、法然院方丈、京都、2005年7月9日
  • 長田昌次郎、柳沢究:「Kolam紋様の魅力 ー もう一つの一筆図像の性質」、第58回形の科学会シンポジウム、沖縄、2004年11月10-14日
  • 長田昌次郎、柳沢究:「Kolam紋様の描画具(展示)」、第58回形の科学会シンポジウム、沖縄、2004年11月10-14日
  • 長田昌次郎、柳沢究:「KOLAM 一筆書き紋様の図学的考察 1 — 概要とその性質」、形の文化会、京都、2004年4月25日
  • 柳沢究、長田昌次郎:「KOLAM 一筆書き紋様の図学的考察 2 — 数値表現と線形化」、形の文化会、京都、2004年4月25日
  • 柳沢究:「『聖地』ヴァラナシ 〜 宗教都市の空間構成」、第45回アジア都市建築研究会、京都大学、2001年4月

| PUBLICATIONs 公表 | 09.01.04