究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

設計の流れ Work Flow: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/profile/policy/000152.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

設計の流れ Work Flow

0. 企画・相談

  • 敷地の選定を含む設計条件の検討やご要望の整理の段階での相談は、いつでも受け付けています。

  • 限りある予算と敷地条件の中で、最大のパフォーマンスを得るためには、この企画段階で要望を整理・検討することが、大変重要になってきます。
    これからつくる家と生活にとって、是非必要なもの/あったらいいもの/なくてもいいもの/いらないもの、を吟味し問い直すプロセスです。
    設計者としての視点から、そのお手伝いをさせていただきます。
  • 新築住宅だけでなく、リフォーム、インテリア、店舗、古民家再生(町家再生)、イベント会場から造りつけ家具まで……「ちょっと面白いモノ・楽しいモノをつくりたい」とお考えの方、お気軽にご相談ください。

    >> 問合せ Contact

以下は、新築住宅の設計を例とした、設計の流れです。

※店舗や改修の場合も、大まかな流れは同じです。
※所要期間は規模・内容により大きく異なります。あくまで目安としてお考え下さい。

 企画  ファースト
プラン
設計
契約
基本設計
(概算見積)
実施設計
実施見積
確認申請
工事
契約
施工・監理竣工アフター
ケア

1. ご相談

  • ご要望・コスト・工期などの設計条件を伺い、敷地・関連法規の調査を行なった上で、可能性のありうるプランについてご相談にのります(無料)。必要があれば敷地の現地確認も行います。
  • この間のコミュニケーションをもとに、当事務所にご依頼いただくかどうかをご判断ください。

2. 契約→基本設計(1〜3ヶ月)

  • 当事務所に設計依頼いただくことが決まりましたら、「設計監理業務委託契約」を締結し、基本設計段階に移行します。この時点から、設計料をいただきます

    >> 設計料について Design Fee
  • まずファーストプランを元に協議を重ね、計画の方向性をより具体的に絞り込んでいきます。この時点での打合せは、納得がいくまで十分に時間をかけたいところです。
  • 必要に応じて地盤調査や詳細な測量を実施します。
  • 基本設計では、プラン(間取り)・構造・外観・おおまかな設備と仕上げ等を決定し、概算見積もりを行なえる密度まで設計を進めます。

3. 実施設計(2〜6ヶ月)

  • 概算見積もりを元に基本設計を修正した後、実施設計段階に移ります。
  • 施工に必要となる詳細な仕様・寸法・機器等を決定し、図面にまとめていきます。
  • 実施設計完了後、施工会社から実施見積もりをとります

    ※単独の場合、数社による相見積もりの場合、どちらも一長一短があります。

  • 工事請負契約はクライアントと施工業者間で結びます。施工業者の選定にあたっては、各業者の見積もり金額・能力を総合的に検討し、専門家としてクライアントの立場に立った助言をいたします。
  • この後、見積もり金額をにらんでの設計調整、確認申請等を経て、着工します。

4. 施工・監理(3ヶ月〜)

  • 設計図書どおりに工事が行なわれているかをチェックする監理は、工程にもよりますが週1〜3回の頻度で行なっています。
  • 現場で確認しながら検討した方がよい細部や材料は、この時点で協議・決定します。

5. 竣工・アフターケア

  • 施工会社・設計者・確認検査機関・施主による各種竣工検査に合格しましたら、引き渡しとなります。
  • 引き渡し後でも問題が生じた場合には、施工会社と連携し迅速なアフターケアを行ないます。
  • 竣工後1年・2年目には定期点検を実施します。

| POLICY 方針 | 10.03.08