究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

ABOUT 概要 > POLICY 方針: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/profile/policy/
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

基本の考え Concept

>> 01.「かたち」はどこからやってくるのか

>> 02. 建築の「かたち」

>> 03.「奥行き」がいい

>> 04.「バランス」が大事

>> 05.「生活の個性」をつきつめる


※ だんだん増えます

▼ read more...

| POLICY 方針 | 10.03.11

設計の流れ Work Flow

0. 企画・相談

  • 敷地の選定を含む設計条件の検討やご要望の整理の段階での相談は、いつでも受け付けています。

  • 限りある予算と敷地条件の中で、最大のパフォーマンスを得るためには、この企画段階で要望を整理・検討することが、大変重要になってきます。
    これからつくる家と生活にとって、是非必要なもの/あったらいいもの/なくてもいいもの/いらないもの、を吟味し問い直すプロセスです。
    設計者としての視点から、そのお手伝いをさせていただきます。
  • 新築住宅だけでなく、リフォーム、インテリア、店舗、古民家再生(町家再生)、イベント会場から造りつけ家具まで……「ちょっと面白いモノ・楽しいモノをつくりたい」とお考えの方、お気軽にご相談ください。

    >> 問合せ Contact

以下は、新築住宅の設計を例とした、設計の流れです。

※店舗や改修の場合も、大まかな流れは同じです。
※所要期間は規模・内容により大きく異なります。あくまで目安としてお考え下さい。

 企画  ファースト
プラン
設計
契約
基本設計
(概算見積)
実施設計
実施見積
確認申請
工事
契約
施工・監理竣工アフター
ケア

▼ read more...

| POLICY 方針 | 10.03.08

設計料について Design Fee

当事務所では設計監理料の算定に、延べ面積をベースとした方式を採用しています。
>> その理由

50坪以下の住宅・店舗の設計料

構造・規模設計監理料
新築鉄骨造・RC造など10万円〜/坪
木造・3階建
木造・2階建以下9万円〜/坪
改修間取りの変更を含む大規模改修6〜10万円/坪
一部の改修・インテリアなど5万円〜/坪

※消費税別。1坪=3.3平米として計算(四捨五入)


ただし上表の数字はあくまでも目安であり、規模・用途・予算などの実状に応じてご相談の上決定させていただきます(床面積が大きい場合は単価が下がります。別途ご相談ください)。

>> 設計の流れ  

  • 監理について:「設計料」と略記する場合もありますが、正確には「設計監理料」です。当事務所では「設計のみ・監理なし」という仕事は原則として受けません。監理は、完成物の質を左右する設計と不可分の業務であり、設計者の重大な責務と考えています。
  • 規模が小さい場合:設計監理料に下限を設定させていただく場合があります。
  • 戸建て住宅の全面改修・古民家再生(町家再生):基本的に新築に準じますが、規模により大きく異なりますので、個別に見積もりいたします。
  • 構造設計料:構造設計が必要となる場合は別途となります(工事費の1.5%〜)。
  • 確認申請:確認検査機関へ支払う手数料は別途実費をいただきます。
  • その他の手続き:確認申請以外の諸手続き(宅地造成許可・開発許可・風致許可・住宅性能保証申請・長期優良住宅申請など)については、別途手数料をいただく場合があります。

面積を基準として設計料を算定する理由

▼ read more...

| POLICY 方針 | 10.03.08