究建築研究室 Q-Labo.
究建築研究室 Q-Archi. Labo.|京都の建築設計事務所

「生きている文化遺産と観光」: 究建築研究室 Q-Labo.|http://q-labo.info/news/000157.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2008-2017

「生きている文化遺産と観光」

生きている文化遺産と観光

単行本「生きている文化遺産と観光:住民によるリビングヘリテージの継承」(編:藤木庸介、学芸出版社)が出版されました。

「安易な観光地化が進む地域では、中身のない景観的レプリカ保存や、過度な商業開発による本来の暮らしと伝統文化の崩壊が生じている。観光推進が地域活性化の突破口として注目される今、生活文化の保全といかに両立するかが重要だ。世界遺産都市から小さな村まで、観光がもたらす地域の変容と共生への道を、11の事例に探る。」
学芸出版社の公式サイトより)

安芸の宮島や奄美大島の龍郷町、奈良天川村などの国内事例と、イギリスのコッツウォルズやベトナムのホイアン、中国の麗江などの国外事例が紹介されており、柳沢はその中で、第10章「変化を許容する巡礼都市の新たな展開:インド・ヴァーラーナシー」を執筆しました。
一般には「聖地」としてのみ語られるヴァーラーナシーについて(個人的には都市・建築の空間的側面に注目していたヴァーラーナシーについて)、「観光」「リビングヘリテージ」という角度からスポットを当てなおしています。
ヴァーラーナシーがユネスコ世界遺産登録を目指していることは、あまり知られていません。

| NEWs 最新情報 | 10.03.21

MENU

NEWs 最新情報

Tags


Movable Type 3.36

apstars

RSS

..