居住空間学講座|京都大学柳沢研究室
居住空間学講座|京都大学柳沢研究室

外国人留学生の方へ/For International Students : 居住空間学講座|京都大学柳沢研究室|http://q-labo.info/kyoto/060_other/000465.php
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2012-2022

外国人留学生の方へ/For International Students

(( English follows Japanese ))

当研究室へ入学を希望する外国人留学生の方へ

柳沢研究室に興味をお持ちいただきありがとうございます。

※ 語学能力について:
いまのところ建築学科における授業および当研究室における発表・議論・研究指導は、ほとんど日本語で行われています。英語は受け入れられますが、より有意義な留学のため、日本語を学習することを強く推奨します。研究生として応募の時点で、一定の日本語の読み・書き・話す能力が必要です。
目安として、京都大学では大学院での交換留学について、「原則として、日本語能力試験1級相当かTOEFL iBT 79またはIELTS 6.5相当が必要」としています。

京都大学への留学に関する情報は、大学・工学研究科の公式サイトにて確認ください。
京都大学への留学を希望する方へ
工学研究科:研究生・特別研究学生・特別聴講学生(留学生)

交換留学

京都大学と大学間学生交流協定または部局間学生交流協定を結んでいる大学から、若干名を受け入れています。京都大学との学生交流協定の有無や内容、申し込み手続きの詳細は、在籍大学で確認してください。

博士課程

現在、博士課程からの入学は(大使館推薦による国費留学をのぞき)原則として受入れていません。

修士課程

修士課程で当研究室に入学を希望する方は、まず1年間(4月〜3月)の研究生になっていただきます。研究生から修士課程に進学するためには、工学研究科建築学専攻の修士課程入学試験に合格する必要があります。

研究生

修士課程をめざす研究生への申し込みは、大使館推薦による国費留学をのぞき、前年の7月に締め切ります(大学推薦による応募は受け付けていません)。修士進学をめざさない研究生については、直接メールで問い合せてください。

※ 修士進学をめざす研究生については、現在(〜2022年7月)、2023年4月入学の研究生への応募のみ受け付けています。

1)修士進学をめざす研究生の選考の流れ
以下の選考により、毎年1名を上限に研究生を受け入れます。当研究室では、研究生の入学時期は基本的に4月としています。

・7月まで:必要書類をAAOを通じて提出
・8月:課題レポートの出題、提出
(書類審査をパスした場合)
・9月:京都大学またはオンラインで面接(原則として日本語)
(受け入れ可の場合)
・11月:大学への出願書類の提出
・1月:研究生入学許可証の発行
・4月:研究生として入学

2)研究生の期間
まず毎週のゼミに参加しながら、数ヶ月かけて論文(建築学会大会発表論文など)を執筆していただき、それをもとに修士課程入学試験出願の諾否を判断します。修士課程での当研究室への受け入れは必ずしも保証されません。修士課程入学試験は8月と2月に行われます。試験に合格した場合、修士課程への入学は4月です。

3)AAOへの申請
以上を理解いただいた上で、研究生としての選考を希望する方は、入学希望年の前年7月末日までに、アドミッション支援オフィス(Admissions Assistance Office/AAOを通じて、以下の書類を提出してください。
・AAOから要求される書類
・研究計画書(これまでの研究内容と修士課程での研究計画)
・履歴書
・推薦書
・設計作品のポートフォリオ
・その他、自身の能力を証明する資料(これまでに書いた学術論文、日本語能力証明書など)(optional)

※ 申請時には必ず、本ページ(q-labo.info/kyoto/060_other/000465.php)を確認済みであることをAAOに伝えてください(そうでないと受理されません)。

4)課題レポート
提出書類を確認した後に、メールにて住居に関する課題レポートを出題します。レポートの出題文は日本語です。レポートは日本語または英語で作成し、8月中の提出期限までに提出してもらいます。書類審査では、提出書類および課題レポートに基づき、当研究室のテーマとの関連性、研究計画の明確性・妥当性、建築に関する知識や能力などの観点から、合否を判断します。

5)面接
書類審査に合格した場合、9月に、京都大学またはオンラインで面接を行います。面接では主に、日本語(補助的に英語)によるコミュニケーションと研究指導が可能かどうかを確認します。


For international students who wish to join our laboratory

Thank you for your interest in our laboratory.

*Language requirements*
At present, most of the classes in our department and presentations, discussions and research guidance in our laboratory are conducted mainly in Japanese. Although English theses are accepted, it is highly recommended that you learn Japanese for a fruitful study. Therefore, at the time of application for research students, a certain level of Japanese reading, writing and speaking skills are required.
As a guide, Kyoto University states "Japanese proficiency equivalent to JLPT N1 or English proficiency equivalent to TOEFL iBT 79 is generally considered desirable" for exchange students in graduate schools.

For official information about studying at Kyoto University, please visit the official website:
Study at KyotoU — KYOTO UNIVERSITY
Graduate School of Engineering: Research, Special Research and Special Auditing Students (International Students)

Exchange students

We accept a few students from institutions that have an inter-university or inter-departmental exchange agreement with Kyoto University. Please check with your university for detail of the exchange agreement and the application process.

Doctoral course

Currently, we do not accept students from other universities in principle, except for MEXT scholarship students recommended by the Japanese Embassy.

Master's course

Those who wish to enter our laboratory as master's students are, first, required to become Research Students for one year (from April to March). In order to enter the master's course, Research students must pass the entrance examination in the Department of Architecture and Architectural Engineering, Graduate School of Engineering.

Research Student

The application for Research Students aiming at the master course are accepted till the end of July, with the exception of MEXT scholarship students recommended by the Japanese Embassy (we do not accept application for University Recommendation).

* At present (- July 2022), we are accepting applications for Research Student entering in April 2023.

1) Selection Process
We accept maximum one Research Student for one year from each April, based on the following selection:

- By July: Submission of application documents to AAO
- Aug.: Submission of a designated report
(If passing the document screening)
- Sept.: Interviews at Kyoto University or online (mainly in Japanese)
(If accepted)
- Nov.: Official application to the university
- Jan.: Issuance of an official Letter of Acceptance
- Apr.: Enrollment as a Research Student

2) After the Enrollment as a Research Student
First, attending weekly seminar, you need to write a short paper (e.g. a paper for an annual convention of the Architectural Institute of Japan) within several months. Based on the paper, we make a decision on your eligibility to apply for master's course entrance examination. This acceptance is not always guaranteed. The entrance examination is held in August and February. If you pass the examination, the admission to master's course is in April.

3) Application to AAO
After understanding the above, those who wish to be Research Students, please submit the following documents through the Admissions Assistance Office (AAO), by the end of July of the year preceding enrollment.

- Documents required by AAO
- Research Plan in master's course (including outline of your previous study and work)
- Curriculum Vitae
- Letter of Recommendation
- Portfolio of design works
- Other documents, such as Certificate of Japanese Proficiency, copies of academic papers. (optional)

* When you apply, be sure to inform AAO that you have read this page (q-labo.info/kyoto/060_other/000465.php). Otherwise your application won't be accepted.*

4) Designated Report
After the review of the submitted documents, you will be given the instructions for writing a designated report on housing. The instructions are in Japanese. The report must be written in Japanese or English and submitted by the deadline in August.
In the document screening, we will examine whether we can accept the applicants in terms of the relevance to our lab's specialty, clarity and validity of the research plans, knowledge and skills regarding architecture and architectural engineering, based on the submitted documents and designated reports.

5) Interviews
If you pass the document screening, interviews are held in September either at Kyoto University or online. In the interview, it will be mainly confirmed if the research guidance in Japanese is possible (with English as a supplementary language).

---------------
柳沢 究 Kiwamu YANAGISAWA

Last updated: 2021/4/22

| Others その他 | 21.04.22