居住空間学講座|京都大学柳沢研究室
居住空間学講座|京都大学柳沢研究室

Projects プロジェクト: 居住空間学講座|京都大学柳沢研究室|http://q-labo.info/kyoto/030_project/
Copyright © 柳沢究 Kiwamu YANAGISAWA, 2012-2022

ヴァーラーナシー旧市街の街路空間VR

研究室で2018年・2019年に作成した、ヴァーラーナシー(ウッタル・プラデーシュ州、インド)旧市街の街路空間のVRデータの一部です。左下のアイコンからドールハウス・モードに入ると、なかなか楽しいです。地図を見ていたり実際に道を歩いたりしている時にもわかりにくい、高さ方向の位置関係がよく理解できます。
撮影はデータに人が入り込まないように夜明け直後の1時間程度だけ行ない、一つの路地につき数日かけています。人通りが少なく商店のシャッターがすべて閉じているのはそのためです。なお、使用した機器はふつう室内空間の撮影に用いられるものであり、このような街路空間での撮影は一般的なものではありません。
本プロジェクトはJSPS科研費(課題番号 18K04480)の助成を受けて実施されました。

名称:ヴァーラーナシー旧市街の街路空間のVR制作
撮影時期:2018年9月および2019年9月
撮影:林泰宏(主担当)・新津春佳・森崎愉生・伊藤航平・菅野拓巳・清山陽平(神吉研)・Exthai Chhiv(京都工芸繊維大学)
使用機器:Matterport Pro2

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Community まちづくり他 | 21.03.01

浦辺鎮太郎展の模型製作

2019年から2020年にかけて、京都大学のOBでもある浦辺鎮太郎の生誕110年を記念する展覧会、「建築家・浦辺鎮太郎の仕事:倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ」が開催されました。会場に展示された精緻な作品模型は、全国22大学の学生が制作し、柳沢研究室はそのうち「倉敷レイヨン高槻アパート(RC-60型)」を担当しました。

名称:「建築家・浦辺鎮太郎の仕事:倉敷から世界へ、工芸からまちづくりへ」展・倉敷レイヨン高槻アパート(RC-60型)模型制作
制作期間:2019年4月~7月
展示期間・場所(倉敷展):2019年10月26日〜12月22日、倉敷アイビースクエア
展示期間・場所(横浜展):2020年11月14日〜12月13日、横浜赤レンガ倉庫
制作:柳沢研究室/張晶盈・野間有朝・伊藤航平
企画:浦辺鎮太郎建築展実行委員会
協力:株式会社浦辺設計

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Community まちづくり他 | 21.02.01

柳沢の設計作品

 

>> 設計作品 w/ 究建築研究室 Design Works w/Q-Labo
>> 設計作品 w/ 名城大学柳沢研 Design Works w/Meijo Univ.

| Projects プロジェクト , Desgin 建築設計 | 20.08.01

かえで保育園

枚方の住宅地に建つ保育園の園舎である。敷地中央に最大限の大きさで確保された中庭を、深い庇をもつ乳児ほふく室・保育室・地域交流スペース・管理部門(職員室・調理室)の各スペースが囲い込む構成をとる。最も奥まった場所に乳児保育室が配され、道路側にならぶ地域交流スペースと職員室の間が、園への入り口となっている。
計画にあたっては、安全管理ならびに近隣住宅地への騒音抑制の観点から、周囲に対して閉鎖的であることが強く求められた。同時に、安全な屋外空間を確保した上で、内外を一体的に扱う開放的な保育をしたいとの希望があった。そのため、全体を低く抑え外周部に対しては基本的に閉じつつも、中庭および空に向けて可能な限り大きく開く中庭型の構成を採用した。その一方で園内の活動が街からも感じられるように、街路側には特徴的な屋根の架かるアプローチや地域交流スペース、屋上などのオープンな場を設けている。
住宅地にある保育園が何かと取り沙汰される昨今の状況において、周辺既存住宅地に対する配慮と安全かつ開放的な保育空間の両立を企図した。
(研究室にて基本計画を策定)

名称:かえで保育園
所在地:大阪府枚方市
用途:保育園(企業主導型)
構造・規模:木造在来工法・2階建て
敷地面積:450.00 ㎡、建築面積:268.79 ㎡、延床面積:226.14 ㎡
設計期間:2017年4月〜2018年10月、工事期間:2018年3月〜2019年3月

企画:IFA住宅設計室、究建築研究室
基本計画:京都大学柳沢研究室(柳沢究・川島快・進藤拓哉・中村奎吾・山田文音)
実施設計:TOFU建築設計事務所
デザイン監修:柳沢究
施工:IFA住宅設計室

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Desgin 建築設計 | 19.10.01

駅前タワーマンション考

駅前タワーマンション考:街の人が「利用」できる「空間」としての公開空地の設計
駅前タワーマンションは街に多大な影響を与える。その中でも、街の人に開放された部分である公開空地に着目し、現状の『ただの「公開」された「空地」』に対し、『街の人が「利用」できる「空間」』としての公開空地を計画することで、街に受け入れられる駅前タワーマンションを提案する。人々の居場所と大規模緑化を立体的に展開し、街のランドマーク・駅の玄関口・オープンスペースとして機能することで、街により良い影響を与える駅前タワーマンションである。
(小西泰平/2019設計演習V 作品)

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Studio スタジオコース | 19.07.29

軒先を連坦する

軒先を連坦する
軒先を新たにつくりだしていく提案である。敷地周辺は、歴史的な町家と現代の住宅が混在する住宅地である。昔からの顔見知りの関係性がみられるが、その交流は交通量の多い道路に面した軒先に限定されていた。そこで、多様な住宅の持つ屋根に着目し、「軒先をつくりだす」という共通の操作を行い、この土地が持つ課題の解決と魅力の増進を試みた。道には交通量を減らしながらあらゆる人の居場所を設け、建て詰まった街区の内部には住民に向けた居場所を設けた。新旧が混在するこの地だからこその提案である。
(伊藤航平/2018設計演習V 作品)

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Studio スタジオコース | 18.07.30

まちや+こあ:ZEHコアによる町家・コミュニティ再生モデルの提案

伝統的な町家にZEH化したコアを挿入することで、その空間構成や装いの魅力を保ちつつ各種性能を向上させるとともに、生活文化の継承や地域コミュニティの再生にも貢献する持続可能な住まい方のモデルの提案。「エネマネハウス2017」における京都大学チームの提案です。

>> エネマネハウス2017・最優秀賞
>> ウッドデザイン賞2018・入賞(技術・研究分野)

名称:まちや+こあ:ZEHコアによる町家・コミュニティ再生モデルの提案
所在地:大阪市北区 うめきたサザンパーク(うめきた2基B区域)
用途:住宅(モデルハウス)
建築面積:46.84 ㎡、延床面積:61.63 ㎡
設計期間:2017年4月〜9月、工事期間:2017年10月23日~11月10日、実測・検証:2017年11月18日~28日、一般公開:2017年12月2日~17日、解体:2017年12月22日

提案作成:京都大学/柳沢研究室(進藤拓哉【学生代表】・山田文音・林泰宏・新津春佳・薬師寺由尭・柳沢究【建築設計統括】・前田昌弘【地域コミュニティ計画】)、小椋研究室(稲本佳奈・髙野駿・中澤結・康陽介・小椋大輔【プロジェクト代表】・伊庭千恵美【環境設備計画統括】)、金多隆【プロジェクト・マネジメント アドバイザー】、三浦研【高齢者居住アドバイザー】、かしも木匠塾・京都大学京都工芸繊維大学チーム【ワークショップ協力】
設計協力:トヨダヤスシ建築設計事務所(豊田保之)、STAGE一級建築士事務所(毛利隆之)、水の葉設計社(中野弘嗣)、NPO法人WOOD AC(河本和義)
施工:株式会社中島工務店(鷲見昌己・卞悠)、豊田工業所
資材・設備機器提供:愛知県陶器瓦工業組合、旭硝子株式会社、大阪ガス株式会社、株式会社木曽アルテック社、株式会社木の繊維、Cabot Aerogel GmbH、積水化学工業株式会社、大建工業株式会社、ティエムファクトリ株式会社、東芝ライテック株式会社、日鉄住金鋼板株式会社、パナソニック株式会社、ピーエス株式会社、株式会社紅中、株式会社山長商店、株式会社LIXIL、協同組合レングス
後援:京都市

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Desgin 建築設計 | 18.01.01

交わり:人とのかかわりを織りなすみち/新津春佳

交わり:人とのかかわりを織りなすみち
幼い子どもが生まれて初めて意思の疎通を図ろうとする相手は親である。そして、両親をはじめ、同世代の子ども・近所の大人など、様々な人たちと関わりながら成長していくことが望ましいと思う。今回の課題に取り組む際、まず子どもを取り巻く人間関係、特に親子関係に着目して考えた。
子どもを幼いうちから保育園などに預け、働くことが珍しくなくなった現在、通園時間は親が子どもだけに向き合える数少ない時間として注目できると思う。したがって、そのような忙しい親子のコミュニケーションを触発するような、「通園路」となる〈みち〉を提案したい。〈みち〉は戸建て住戸が囲む中庭とそれを結ぶ小径で構成され、通園路であると同時に地域の子どもたちの遊び場でもあり、さらには親同士・近隣住民同士、あるいは子どもと近所の大人の交流の場にもなるような提案とした。
(新津春佳/2017設計演習V 作品)

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Studio スタジオコース | 17.07.23

子育つ 発見のための街/林泰宏

子育つ 発見のための街
子どもにとっては、あらゆることが発見である。そして、発見はさまざまな形で現れ、それに触れる人々に成長を誘発する。また、子どもの身体・知能の成長を年代別に見つめると、子どもの成長や行動範囲は、その年代の子どもに対応する空間や建築があることが分かる。
この考えをもとに、生活の表出や子どもの回遊性、空き家活用やコミュニティスペースなどの観点を通して、空間を構成し、子育てを軸とした既存街区の再編のひとつの形を提案した。
(林泰宏/2017設計演習V 作品)

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Studio スタジオコース | 17.07.23

季節の田んぼ園/石田哲郎

季節の田んぼ園
人と自然とを家族ぐるみでちかづける。これを可能にするのが農業であり、農業を通して子供たちが「自ら作物を作り、食への感謝の気持ちを持つようになる」「多くの人と交流することにより協調性のある人間になる」「身近に自然があることで季節のサイクルを感じる」ことが可能となる住宅環境を目指した。このコンセプトに対する答えが ・住宅地への水田の導入 ・共同作業、交流スペースの確保 ・あぜ道の存在、自然の変化、季節のイベント等 であると考える。
(石田哲郎/2017設計演習V 作品)

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Studio スタジオコース | 17.07.23

世界照明探偵団フォーラム2017 in 京都

2017年6月8日〜10日、世界中から光のエキスパートが集い京都の光について考える「世界照明探偵団フォーラム 2017 in 京都」が開催されました。メインイベントは、最終日の『ライトアップニンジャ』で、これは日常的な生活の場の中に埋もれている景色に少しの光で景観としての魅力を与えようという実験的な試みであり、光の足し算だけでなく時には不必要な光を消したり不快な光を整えることも含め、身近な生活空間のなかに夜の快適さ・美しさをつくっていこうという趣旨のイベントです。
京都造形芸術大学・京都大学・京都市立芸術大学・京都工芸繊維大学が参加し、平安神宮・白川沿い・松原通のライトアップを行いました。京都大学チームは松原通を担当、4月下旬から毎週打ち合わせを重ね、5月には京都造形芸術大学に全チームとスタッフの方たちが集まり案のプレゼンとディスカッション、照明器具の実験などを行いながら、案を完成させていきました。

名称:「世界照明探偵団フォーラム2017 in 京都」ライトアップニンジャ:京都大学チーム作品
用途:建築のライトアップ
会場:京都市下京区松原通
制作期間:2017年4月下旬~6月上旬  展示:2017年6月10日
制作:柳沢研究室/川島快・進藤拓哉・中村奎吾・山田文音・薬師寺由尭、石田研究室/荒岡若奈・杉岡宏輔・遠藤聡・住吉哲郎・小西颯真・徳海史夏・二木皓
指導:前田昌弘、石田泰一郎
主催:照明探偵団
共催:松原通界隈活性化活動プロジェクトほか

▼ read more...

| Projects プロジェクト , Community まちづくり他 | 17.07.18

MENU

Projects プロジェクト

CONTACT

    京都大学大学院工学研究科
    建築学専攻 居住空間学講座
    柳沢究研究室
    住所:〒615-8540 京都市西京区京都大学桂C1棟
    Yanagisawa Labo., Dept. of Architecture, Kyoto Univ.
    Add: Kyotodaigaku-Katsura, Nishikyo, Kyoto 606-8540
    yanagis[at]archi.kyoto-u.ac.jp

LINK